HOME > 観る > 玄照寺

観る

心和ませてくれる
玄照寺

静謐に包まれた厳かな空間

小布施町西南部の林の中に曹洞宗玄照寺はあります。 100メートルほど参道を進み、ひときわ静かな境内をのんびり歩いていると緑豊かな自然と本堂・三門の重厚な雰囲気にすっかり呑まれてしまいます。 ここ玄照寺の前身は随光寺という臨済宗のお寺だったそうですが、戦国時代の戦乱に巻き込まれた末に衰退。 その後天正年間(1573~1591)に玄照寺が開創されます。 開創から130年、度々の千曲川の水害に、小布施町飯田の千曲川河畔から現在の小布施町大島に移ったのだとか。 開創から四百数十年、檀信徒の寄進により幾多の火災や災害にも負けず現在に至っているのだそうです。 明治29年に焼失し、大正9 年から7年をかけて再建された本堂。二層造りで、繊細な彫刻の施された三門。悠久の時を経たその美しさをじっくりご覧下さい。

地域の活動を通して

玄照寺では毎年4月に苗市境内アートが開催されている他、坐禅会・観音講・梅花講(御詠歌)・眼蔵会(勉強会)・写経・二年参り等の活動をされています。 境内には剣道・空手の道場があり、社交ダンスの練習場としても使用されているのだそうです。 「こういった活動を通して、地域に開かれた寺を目指しています。」と第 23代住職の葦沢義文さん。 苗市境内アート以外の行事は不定期なので行事の予定はハガキによって檀家さんへ通知されているだけで公には参加者を募ることはないのだそうですが、 一般の方々の参加も可能です。 また、本堂横にある中庭は町のオープンガーデンに登録されています。俗世の喧噪から離れ、心の洗濯に訪れてはいかが?

●玄照寺

住所
〒381-0203
小布施町大字大島90
TEL
026-247-2100
営業時間
なし
定休日
なし
ホームページ
http://www.gensyoji.jp/