HOME > 食べる > クチーナ・イタリアーナ・パーチェ

食べる

窯焼きのピッツァが美味しいイタリアンレストラン
クチーナ・イタリアーナ・パーチェ

季節を感じながらいただくイタリアン。

 北斎館などのにぎやかな一角から離れた緑多い場所に、イタリアンレストラン「クチーナ イタリア―ナ パーチェ」があります。
 
PACE(パーチェ)とは、イタリア語で「平和」を意味します。親睦や安らぎの意味もあるそうです。 お店の周りにはリンゴやサクランボの畑があり、四季折々の風景を楽しみながらゆったりとお食事をいただくことができ、まさに「安らぎ」を感じながら楽しいひと時を過ごせます。

  お料理には、奥様のお母様が愛情込めて栽培した季節の野菜が、ふんだんに使われているそうです。目で、舌で季節を感じ、そしてご主人の情熱が注がれたお料理をぜひ味わい下さい。

 店内はサッカーとイタリア好きのご主人のアイディアがいたるところに使われています。イタリアの小物など見ているだけで楽しくなります。また、店内には大画面のスクリーンがありサッカーに限らずいろいろなスポーツ観戦ができます。大きなスポーツの試合がある時などはスポーツバーになります。

豊富なメニューの中から選ぶのに迷ってしまいそう。

 店自慢のピザですが、一番人気は定番のマルゲリータとカプリチョーザ(本日の気まぐれ)。もちもちの生地に自家製の野菜に濃厚なチーズ。何枚でも食べられそうなぐらい絶品です。カプリチョーザには自家製の季節の野菜などものせるそう。たとえば春はアスパラ、夏にはズッキーニ。何度も足をはこんで、季節に応じたピザを堪能したいものです。大人数でお越しの場合、違う種類を頼まれてシェアされる方が多いそうです。

  ほかにも「フィレンツェ風牛肉とランプレッド(牛の胃)の煮込み」などめずらしいお料理も堪能できます。「牛の胃袋って聞くとかなりの方がびっくりされますが、イタリア風のもつ煮だとお伝えるとみなさん食べてみたくなるようです」と奥さま。どんな味か試したくなりますね。

 気になるデザートですが、何とも魅力的なのがランチデザート。なんと7種類もあるのです!その中にはパンナコッタやティラミスのような定番デザートの他に「お任せデザートの盛り合わせ」なんて魅力的なネーミングのものも。どんなものがでてくるのかワクワクします。

 ディナーは雰囲気も少し変わり、奥さまがセレクトしたワインとお食事をお楽しみください。注文したお料理にはどのワインが合うのか気軽にご相談のっていただけるので、新たなワインを発見できるかもしれません。オープン当初からディナーの人気メニュー「海の幸のラグー・スパゲッティ」に合うワインのセレクトもしてくれます。どんな組み合わせになるか楽しみですね。

気まぐれピッツァ(カプリチョーザ)
気まぐれピッツァ(カプリチョーザ)

自家製サルシッチャと白インゲンの煮込み
自家製サルシッチャと白インゲンの煮込み

トリッパトマト煮込み
トリッパトマト煮込み

●クチーナ・イタリアーナ・パーチェ

住所
〒381-0201
上高井郡小布施町小布施2255-5
TEL
026-247-6685
FAX
026-247-6685
営業時間
ランチ 11:30~14:00(L.O)
ディナー 17:30~20:30(L.O)
定休日
毎週月曜日、第1
駐車場
12台
メール
info@pace-obuse.com
ホームページ
http://pace.naganoblog.jp/