HOME > 買う > ギャラリー唐十郎(とうじゅうろう)

買う

陶芸、水墨画、浮世絵版画などの作品を展示販売
ギャラリー唐十郎(とうじゅうろう)

「青の洞窟シリーズ」「アールヌーボーシリーズ」「染付シリーズ」を3本柱として陶芸作品と創作

 町の中心地、中町交差点の角にオープンしたこのギャラリーは、月岡唐十郎(とうじゅうろう)さんが自ら創作した陶芸、水墨画、浮世絵版画年賀状などの作品を展示販売しています。
 
「陶芸作品は、30年以上前、小布施の陶芸家であり北斎研究家でもある師匠の門に入り、現在は「小布施焼、唐十郎窯」として陶芸を続けております」(月岡さん)。
 
「私のメイン作品のひとつは、失敗の連続から思いがけず完成した、深くきれいなブルーの陶芸作品です。これは有名なイタリア・カプリ島の青の洞窟のように、きれいな青なので“青の洞窟シリーズ”と命名しました。作品も沢山展示しています」。
 
店内にはアンティーク陶磁器「オールドノリタケ」も展示されている。

「私はこのアンティークが大好きで、これをヒントに独自の陶芸作品を創作しています。明治時代ノリタケがヨーロッパに輸出したアールヌーボー様式が好きで、私の作品も“アールヌーボーシリーズ”と名づけました。

また絵を描くことも好きなので、おしろい花、どんぐり、トンボ、月うさぎなどを器に描く“染付シリーズ”も手がけております」。

「小布施栗」「スノーモンキー」などの水墨画や浮世絵版画年賀状、本物の北斎の「冨嶽百景」も展示

 「北斎を夢見て40年、浮世絵版画年賀状を彫り続け多色刷りの版画作品もたくさん展示してあります。さらに、本物の北斎浮世絵版画「冨獄百景」「絵本魁」(えほんさきがけ)も展示販売しています」。


店内にはこのようなこだわりの作品の多数が展示販売されているので、是非お気に入りの一品を探してみてください。

月岡唐十郎氏と作品
月岡唐十郎氏と作品

上:青の洞窟シリーズ・オールドノリタケ下:アールヌーボーシリーズ・染付シリーズ
上:青の洞窟シリーズ・オールドノリタケ下:アールヌーボーシリーズ・染付シリーズ

上:浮世絵版画年賀状下:冨嶽百景
上:浮世絵版画年賀状下:冨嶽百景

オールドノリタケ
オールドノリタケ

●ギャラリー唐十郎(とうじゅうろう)

住所
長野県上高井郡小布施町中町交差点前
電話
026-245-8248、090-4721-4971
営業時間
10:00~17:00
定休日
水曜日、年末年始、季節によって不定休
ホームページ
http://www7b.biglobe.ne.jp/~tukioka/index.html/