HOME > 小布施突撃街角リポート >  素敵なレストラン「花屋」

 

新緑がまぶしい季節になりました。
フローラルガーデンに新しくオープンしたレストラン 「花屋」に行ってきました!

雁田山のふもとにあるフローラルガーデン。花の香りに 包まれたショップの中を通りその奥に行くと「レストラ ン花屋」があります。
凛とした藍色ののれんをくぐると、緑がパーっとひろがるデッキが。右手にある店内に入ります。木の優しい雰囲気、ナチュラルな店内、ところどころに和風モダンなところも。落ち着きますね〜。

それになんといってもガーデン側は全面ガラス。この日は快晴。グリーンがまぶしく、花々が優しくゆれていました。
ランチ(サラダ、メイン、パンまたはライス、デザート)と花屋ランチ(サラダ、地元野菜のスープ、メイン、パンまたはライス、デザート)をオーダーしてみました。メインは三種類の中から好きなものを選べます。私は和牛のワイン煮、同行した友人は地鶏香草パン粉焼 きをチョイス。

とにかく景色にうっとり。お料理を待ってる間も庭をゆっくり眺めて・・・。夏には芝生が輝いて、秋は木々が色とりどりに染まって行く。冬は一面真っ白でパチパチと薪ストーブが燃えるのかな、なんて想像してみたりしました。

最初に来たサラダは新鮮野菜が彩りよく、アスパラのた まご豆腐がトッピング。 はじめての味。花屋ランチのほうにはスープがつきます 。
地元野菜にかりっと焼いた魚、湯むきしたぷちトマト、 こごみも添えてあります。地元のりんご酢をつかった酸 味のきいたさっぱり味。

和牛ワイン煮がきました。じっくり煮込まれた和牛に丸 ごと揚げた新じゃが、カリフラワー、こごみが添えられ ています。
地鶏香草パン粉焼きのほうはパプリカのソースが色鮮や かで見た目も素敵。付け合せの野菜がていねいに調理さ れていてしみじみと味わい深い。食べ飽きない自然な味です。

デザートには抹茶アイスりんごジャム添え。 ランチをオーダーした方はプラス200円でドリンクがつき ます。

お店は東京の三戸岡鋭治さんの設計。JR九州ゆふいんの 森号などの斬新なデザインで有名なデザイナーさんです 。

「小布施産の食材をできるだけ使って、野菜本来の味を いかしながらおいしく味わっていただきたい」と話して くださったのは 花屋レストランのシェフ、市村勝幸さん。

花屋は農村レストランとして立ち上げられたました。い ろんな野菜の食べ方を提案してくれそうです。 市村シェフの1日は朝採り野菜の仕入れから始まります 。 おいしいわけですね!

オープンしたてで今のところ、ディナーはコースだけだ そうですが、じょじょにアラカルトも増やしていく予定 。 コースは3000円。 パーティなどのご予算は相談して下 さいとのことです。

ディナーにはライトアップされた庭がみられます♪

花屋レストラン
11:00〜14:00 ランチ・喫茶
14:00〜16:00 喫茶
18:00〜21:00 ディナー

026-247-1187(イイハナ)木曜定休 
すてきな庭を眺めつつ、ていねいにつくられた農村料理 をどうぞ!


 
 
 
 
 
Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】