HOME>5月のおすすめ 小布施堂・えんとつ・桝一市村酒造場

5月のおすすめ
小布施堂・えんとつ・桝一市村酒造場

小布施堂本店

小布施の町にも心地良い風が吹き、緑が鮮やかな季節となりました。
今月のお料理をご紹介いたします。

「アスパラと素麺」
アスパラと素麺
喉越しの良い三輪素麺とみずみずしいアスパラでお作りした、
初夏の訪れを感じさせる一品でございます。
卵黄と絡めてお召し上がりください。

「筍のすり身揚げ」
筍のすり身揚げ
こんがりと揚げた筍餅をすっきりとしたすまし汁にお入れいたしました。
口の中に広がる筍の風味をお楽しみください。

「芽なべ」
芽なべ
ウドやアスパラ、筍などの旬の食材を、柔らかい牛肉と共に炊き合わせました。
鼻に抜ける花山椒の爽やかな香りがアクセントです。

「じゃこ御飯」
じゃこ御飯
じゃこをたっぷりと混ぜ込んだ、優しい味わいのご飯でございます。
じゃこの有馬煮を乗せてお召し上がりください。

「マンゴーのマンゴーソース添え」
マンゴーのマンゴーソース添え
フレッシュな宮崎県産マンゴーとバナナゼリーの上から
自家製のマンゴーソースをおかけいたしました。
濃厚で芳醇なマンゴーをご堪能ください。

この他、喫茶では栗あんのかき氷やくずきりもご用意しております。
是非、小布施町へお越しください。

※誠に勝手ではございますが、
5月11日(土)はレストランをお休みさせていただきます。
なお、売店は通常営業でございます。

●小布施堂本店

> 小布施堂本店の詳しい情報はこちら

TEL
026-247-2027
営業時間
喫茶: 10:00~16:00
食事: 11:00~15:00
※テイクアウトもございます。
物販: 9:00~17:00

えんとつ

えんとつでご提供している「モンブラン朱雀」は
軽い食感が特徴のセミフレッドを使い
季節限定「栗の点心 朱雀」を洋風にアレンジしたもので、
通年でご提供しております。

えんとつでは、お飲み物にコーヒーハンターである
ミカフェートの川島良彰さんが考案した、
モンブラン朱雀にぴったりのオリジナルブレンドの
「朱雀ブレンド」をご用意しております。

モンブラン朱雀の為に産地までこだわり選ばれた
コーヒー豆を焙煎、挽き方まで調整しています。
挽き立ての豆を丁寧にハンドドリップでご用意致します。
フルーツのように新鮮な「朱雀ブレンド」を
モンブラン朱雀と一緒にお楽しみください。
皆さまのご来店お待ちしております。

メニュー
・モンブラン朱雀とお飲み物のセット 2,000円
 コーヒー朱雀ブレンド
 アイスコーヒー
 紅茶
 アイスティー
 リンゴジュース

モンブラン朱雀

●えんとつ

> えんとつの詳しい情報はこちら

TEL
026-247-7777
営業時間
5月11日(土)臨時休業
11:00~16:00(10月16日~11月20日)
11:00~15:00(3月~1月)
12:00~14:00(2月)

手盃(てっぱ)カウンターバー

この地方の方言で量り売り直飲のこと。
居酒屋やスナックなどのない時代、酒屋の店先は庶民の社交場であり、
一日の疲れを癒したのがこの手盃である。
昭和初期から中期頃は一日労働しても一升の酒が買えないほどお酒は貴重だった。
今の時代は一日の賃金で一斗(一升瓶10本分)の酒が買える時代になっている。

桝一市村酒造場の店の奥にある復元した手盃台では、
有料でこの蔵のお酒がすべて味わえるようになっている。
又、この手盃にてお客様どうしの会話が弾み、より親しくなれることもあります。
気軽にお越しいただき、楽しんでいただければ幸いです。

店内画像

●桝一市村酒造場

> 桝一市村酒造場の詳しい情報はこちら

TEL
026-247-2011
営業時間
9:30〜17:00
定休日
年中無休

栗菓子

毎年好評の夏季限定「生くりかん」が今年も販売開始しました。

なめらかな喉越しが特徴の「生くりかん」は
栗のもつ風味を活かす方法で製造し、
のど越しがよくみずみずしさを楽しめる水栗羊羹です。

冷やして食べるのがおすすめです。

生くりかん
生くりかん
1個 486円(税込)

小布施堂本店、MIDORI長野店、ながの東急店などにて販売中

オンラインショップではお得なセットもございます。
https://shop.obusedo.com/shopbrand/namakurikan

●小布施堂本店

> 小布施堂本店の詳しい情報はこちら

TEL
026-247-2027
営業時間
喫茶: 10:00~16:00
食事: 11:00~15:00
※テイクアウトもございます。
物販: 9:00~17:00

信州おぶせにお越しください。