食べる 買う  

栗庵風味堂・CAFE SAKU G 4月のおすすめ

栗庵風味堂本店内CAFE SAKU G では4/1(土)よりスイーツメニューが一新致しました。 MORE

食べる 買う  

小布施堂・傘風楼・蔵部 4月のおすすめ

長い冬を終え、小布施にも春がやってまいりました。雪の下から出てきたお野菜から春を感じられる今月のお料理をご紹介いたします。 MORE

桜井甘精堂・泉石亭(せんせきてい)・栗の木テラス・茶蔵(さくら)・北斎亭 4月のおすすめ

小布施の中村農園さんが栽培する「紅ほっぺイチゴ」を使ったタルトが、4月上旬から登場します。 MORE

楽しいだけで世界一!

2017.04.23 桜堤の開花情報 4月22日現在 ソメイヨシノ・菜の花=満開、花桃=6~7部咲き、八重桜=今にも咲きそうです。
※イベント情報ではありませんが、こちらでご報告させていただきます。

千曲川堤防の桜堤周辺の開花情報です。
4月22日(日)現在、ようやく桜堤の八重桜がほころんできました! 明日の気温は20℃の予報です。温かくなれば一気に咲き始めるでしょう。

◎桜堤の八重桜=つぼみがほころびかかっています。。
◎ふれあい公園(桜堤の下)
 菜の花=満開です。
 花 桃=6~7部咲き
 ソメイヨシノ=満開~散り始め


★写真は上=八重桜、中=菜の花と鯉のぼり、下=小布施橋たもとの八重の枝垂れ桜


※八重桜は、咲く時期が遅い品種です。小布施ですと、例年GW前頃に咲き始め、GW中が満開、GWが終わるころに散り始める、という状況です。
2017.04.19 5月3日(水・祝)~5日(金・祝)日本のあかり博物館「和ろうそくづくり実演・体験会」開催。
日本のあかり博物館では、GW期間中、滋賀県の和ろうそく職人・大西氏による実演会を開催いたします。
入館された方は、どなたでも自由にご見学いただけます。日本のあかりを支えてきた職人さんの熟練の技を、この機会に是非お近くでご覧ください。

また、「和ろうそくづくり体験会」も同日に開催いたします。串に刺した灯芯を、はぜロウに何度も浸しながら太くしていき、和ろうそくを2~3本作ります。
この機会に、あかりの世界をたいけんしてみませんか。
みなさまのご参加をお待ちしております。

≪和ろうそくづくり実演会≫
*各日とも昼休憩あり
5月3日(水・祝)14:00-16:00
4日(木・祝)10:00-16:00
 5日(金・祝)10:00-16:00

≪和ろうそくづくり体験会≫
*事前申し込みが必要です(各部とも定員10名)
*参加費500円(入館料別)
*1日2回開催/3日(水)は14:00~の部のみ
5月3日(水・祝)14:00~
4日(木・祝)10:00~/14:00~
 5日(金・祝)10:00~/14:00~

お申込み・お問い合わせ先:日本のあかり博物館 ℡026-247-5669
2017.04.18 5月14日(日)鳳凰アリーナ・公開研究会「北斎『鳳凰図』はどのように描かれたか」開催
北斎の晩年最大級の肉筆画・岩松院天井絵「鳳凰図」はどのような工程でどのように描かれたのか...。今回、鳳凰アリーナ(中学校体育館)を舞台に、たたみ20畳の原寸大の鳳凰図を再現・制作するパフォーマンスが行われます。
また、北斎の小布施来訪の足跡を巡る講演を交え、北斎の鳳凰図製作工程を検証する公開研究会を開催します。
是非皆さん、お越しください。




開催日:5月14日(日)
時 間:受付/午後1時 開始/午後1時30分
場 所:鳳凰アリーナ(小布施中学校体育館)
料 金:無料
内 容:
午後1時30分~ 講演「北斎は四たび小布施に来たか」/金田功子氏(高井鴻山記念館長・北斎館北斎研究所研究員)
午後2時30分~ 天井絵「鳳凰図」の制作・公開/山内章氏(天野山文化遺産研究所代表・桃山学院大学講師)
お問い合わせ先:北斎館(担当:荒井・池田) ℡026-247-5206
2017.04.15 5月3日(水・祝)髙井鴻山記念館「第10回髙井鴻山生誕祭」開催 
髙井鴻山記念館では、高井鴻山の生誕祭を行います。
小布施文化の礎を築いた、豪商・豪農の髙井鴻山の生誕を祝い各種催しを行います。
この機会にぜひお立ち寄りください。

開催日:5月3日(水・祝)
時 間:午前10時~
料 金:大人300円、高校生150円、中学生以下無料
催 し:●伝統技法研究会の大平茂男氏による、同館の改修・修復の技法レクチャー。午前10時~。
    ●館長による展示説明案内。随時。
    ●詩吟朗詠
    ●一絃琴演奏
    ●松村の子供獅子舞

お問い合わせ先:高井鴻山記念館 ℡026-247-4049
2017.04.15 4月21日(金)~7月11日(火)高井鴻山記念館「春季展 鴻山と北斎」開催
高井鴻山記念館では、耐震・修復・復元工事完成記念として、「鴻山と北斎」展を開催いたします。
「先生」「旦那様」お互いをこう呼び合った鴻山と北斎。40歳以上も年の離れた2人はどのような交流をしていたのか。鴻山と北斎の関係に焦点を当て、北斎が鴻山邸滞在中に描いた「日新除魔図(にっしんじょまず)」や鴻山が北斎に宛てた絵入りの手紙、「玄照寺随意会江湖図(げんじょうじずいいえごうこず)」など三十数点の作品を展示します。
また、耐震・修復・復原工事の様子を撮影した写真展も同時開催します。ぜひこの機会にご覧ください。

春季展 鴻山と北斎
会期:4月21日(金)~7月11日(火)
時間:午前9時~午後5時(入館は4時30分まで)
   ※7月は~午後6時(入館は5時30分まで)
料金:大人300円、高校生150円、中学生以下無料
●問い合わせ先;高井鴻山記念館 ℡026-247-4049
2017.04.15 4月8日(土)~6月25日(日)北斎館「日本とイギリス展」開催
北斎館では、5月にイギリスの大英博物館で行われる特別展「北斎―大波の彼方にー」に、同館所蔵の祭り屋台の天井絵「男浪図」「女浪図」をはじめ13点が出陳されることを記念して「日本とイギリス展」を開催します。
今期は水と浪がテーマ。葛飾北斎の「諸国瀧廻り」「諸国名橋奇覧」などと、ターナーをはじめとするイギリスを代表する風景画家たちの作品の複製パネルを展示します。
★ちょっとおすすめ
館内は撮影禁止となっておりますが、今回、企画展示室に一か所だけ撮影スポットが用意されています。富嶽三十六景のひとつ「神奈川沖浪裏」の大きなパネルが飾られていますので、大浪をバックに写真が撮れます。富士山が映るように立つといいですよ。

日本とイギリス展 ~北斎の浪と水の流れ~
会期:4月8日(土)~6月25日(日)
時間:午前9時~午後5時。入館は午後4時30分まで。
料金:大人1,000円、高校生700円、中学生以下無料
お問い合わせ先:北斎館 ℡026-247-5206