食べる 買う  

栗庵風味堂・CAFE SAKU G 2月のおすすめ

本店内CAFÉ SAKU Gにて今年も《苺フェア》を開催しております。苺が収穫できる今だけご用意できる期間限定スイーツです。 MORE

食べる 買う  

小布施堂・傘風楼・えんとつ 2月のおすすめ

暦の上では春でございますが、まだ寒さ厳しい日々が続いております。そんな寒さを和らげ、体が温まる今月のお料理を紹介いたします。 MORE

桜井甘精堂・泉石亭(せんせきてい)・栗の木テラス・茶蔵(さくら)・北斎亭 2月のおすすめ

3月19日(火)までの毎週火曜日はサービスデーです。お好きなケーキとお好きなストレートティーまたはコーヒー(いずれもポットサービス)をセットでご注文いただくと・・・ MORE

楽しいだけで世界一!

2019.02.22 3月9日(土)・10日(日) 「小布施短編映画祭」開催
小布施町は江戸時代後期に活躍し、世界にもその名をとどろかせた葛飾北斎の尽きることない作品づくりを支えたまちです。
北斎を支えた人たちがそうであったように、クリエイターを応援し、交流することを通して、ともに学んでいきたい。そのような想いから、ここ小布施で、新たに「小布施短編映画祭」が開催されることになりました。
全国から公募した短編映画から複数の上映作品を選出し、作品上映に加えて、クリエイターとの生の交流を大切にしたプログラムを多数ご用意しています。
個性あふれる短編作品の数々と、クリエイターとの交流を楽しみに、3月9-10日の2日間、春の気配のする小布施へぜひ足をお運びください!

「小布施短編映画祭」
【日時】3月9日(土)10:15~・10日(日)9:45~
【会場】北斎ホール
【入場料】
2日券 2500円(2日間両日の入場券、映画祭パンフレット)
1日券 1500円(9日、10日いずれか1日の入場券、映画祭パンフレット)
特別賛助者招待券 5000円(2日間両日の入場券、監督との大交流会への特別招待、公式グッズ2点、映画祭パンフレット)
**特別賛助招待券は、映画祭の趣旨にご賛同いただき、ご支援いただける方々を対象としたチケットです。どなた様もご購入いただけますが、50枚限定となりますので、お早めにお求めください。Peatix(オンライン)のみの販売です。


【前売り券販売所】
味郷、マルテ珈琲焙煎所、ハウスホクサイ、まちとしょテラソ、小布施文化観光協会、Peatix(オンライン)


【タイムスケジュール】
3月9日(土) 1日目
10:30 開会式・オープニングセレモニー
<第1部:コシナ賞>
11:00: 作品上映 [コシナ賞ノミネート作品]
12:00: 作品上映 [コシナ賞受賞作品]
12:25: コシナ賞授賞式・コシナとのトークセッション
13:00: 第1部終了・お昼休憩
<第2部:小布施賞>
14:30: 作品上映 [小布施賞ノミネート作品]
15:20: 作品上映 [小布施賞受賞作品]
15:55: 小布施賞授賞式・受賞監督・関監督とのトークセッション
16:30: 第2部終了
<交流会>
17:00: 監督と観客の大交流会(特別賛助券をご購入の50名をご招待)


3月10日(日)2日目
<第3部:特別上映企画 外山文治監督特集>
10:00: 『わさび』
10:30: 『春なれや』
11:00: 外山監督 トークセッション
11:30: 『此の岸のこと』
12:00: 第3部終了・お昼休憩
<第4部:一般審査員賞>
13:30: 作品上映 [一般審査員賞ノミネート作品]
14:10: 作品上映 [一般審査員賞受賞作品]
14:40: 一般審査員賞授賞式・タカザワカズヒト監督とのトークセッション
15:30: 閉会式・第1回小布施短編映画祭終了


上映作品について、詳しくはこちらをご覧ください。


【ゲスト】
特別審査員:関和亮監督
星野源やPerfume、サカナクションなど名だたるアーティストのMVから現在放送中の『QUEEN』などの民法ドラマまで、幅広い映像作品の監督を務める映像ディレクター。なんと長野県小布施町出身という関監督に「小布施賞」の特別審査員をお願いしております。映画祭当日にも会場にお越しいただく予定です。


特別ゲスト:外山文治監督
「モナコ国際映画祭2011」で短編部門・最優秀作品賞をはじめ5冠を達成し、「モントリオール世界映画祭2014」より正式招待を受け、世界から注目される脚本家・監督。映画祭2日目の特別企画では、外山監督コレクションを上映するとともに、ご本人登壇のトークセッションを開催いたします。

【詳細】小布施短編映画祭HP


【お問合せ】info@osff.jp
2019.02.21 2月23日(土)~5月7日(火) おぶせミュージアム・中島千波館「ShinPA」開催のお知らせ
おぶせミュージアム・中島千波館では2006年以降テーマを設けて開催をしてきました企画展「ShinPA」を今年も開催を致します。今年は「迷宮」をテーマとしました。
ShinPAでは、様々な表現と技法が混在し、一人一人の個性がぶつかり合う場所です。作家それぞれの世界観からなる空間そのものを"迷宮"に例えることができるのではないかと考えました。
15人それぞれが記す漢字一文字を手掛かりに、より深く絵の世界に入り込んでいただけると思います。会期中は、ワークショップやトークショーも開催されます。併せてお楽しみください。


【ShinPAー迷宮ー】
●会期期間:2月23日(土)~5月7日(火)
●時  間:9時~17時(30分前にはご入館ください。)
●お問い合わせ先:おぶせミュージアム・中島千波館
        TEL 026-247-6111


関連企画【ShinPA スケッチドローイング展】
●開催期間:2月23日(土)~5月6日(月・祝)※火曜日はお休みです。
●時  間:9時~20時
●開催場所:小布施町立図書館 まちとしょテラソ
●お問い合わせ先:小布施町立 まちとしょテラソ
         TEL026-247-2747


【ShiunPA展ワークショップ きみもShinPAの絵を描いてみよう!】
企画展「ShinPA2019」の関連企画として展覧会テーマである「迷宮」から、出品作家を講師に迎えます。言葉遊びを通して「迷宮」のイメージを膨らませ、展示している絵を描いてみるという新しいワークショップです。
●開催日時:2月24日(日) 10時30分~12時
●場  所:おぶせミュージアム・中島千波館 展示室
●参加費: 無料 ※ただし入館料がかかります。
●お申し込み・お問い合わせ先:おぶせミュージアム・中島千波館
              TEL026-247-6111
どなたでも参加できます。小学生以下のお子さんは保護者の方の同伴をお願いいたします。
汚れてもいい服装でお越しください。
2019.02.14 3月28日(木)JAZZ喫茶BUD 「オーボエとピアノの夜」開催のお知らせ
JAZZ喫茶BUD(バド)では、5年ぶりに藤井貴宏・マティアスファイトによる演奏会「オーボエとピアノの夜」が開催されます。名歌手・フィッシャーディスカウ(故)も絶賛したファイト氏のピアノ、彼が最も得意とする「歌曲」にスポットを当て、ブラームス、シューマンの作品をはじめ、オペラの旋律からのインスピレーションで作曲された作品、そして歌手でもあるファイト氏による「歌い弾き」も披露されます。前回大好評だった演奏会を是非この機会にお楽しみください!

【オーボエとピアノの夜】
●日時: 3月28日(木) 19時開演(18時30分開場)
●場所: JAZZ喫茶BUD 穀平味噌裏
●料金: 4,000円(ドリンク1杯付)
●チケット申し込み・お問合せ先:JAZZ喫茶BUD
  TEL 026-251-4033
2019.02.14 3月2日(土)、9日(土) 一般財団法人 北斎館 「北斎研究 第11回 研究発表会」のお知らせ
北斎研究所では、下記の日程で 研究員により1年間の北斎に関する研究成果を報告する研究発表会を行います。
また、研究内容を記した「研究記要 第十一集」(1,000円)発刊やバックナンバーの販売もします。この機会にぜひご参加ください。


【北斎研究所 第11回 研究発表会】
●日 時:3月2日(土)、9日(土)
    13時30分~ (報告者各1時間)
●場 所:北斎館1階 映像ホール
●聴講料:無料
●申し込み:不要
●発表内容:こちらをご覧ください→北斎研究発表内容
●お問合せ:北斎館 TEL 026-247-5206
2019.01.30 ~4月21日(日) おぶせ藤岡牧夫美術館 「春をつかまえて」 開催のお知らせ
おぶせ藤岡牧夫美術館では、下記の日程で新しい企画展「春をつかまえて」が始まりました。同時に人気のシリーズ「森のくまさん木曽物語2」も開催いたします。
春の息吹を感じながら、ぜひこの機会に足をお運びください。春の訪れを感じられる企画展です!


企画展「春をつかまえて」
◆開催期間: 1月4日(金)~4月21日(日)
◆開館時間: 10時~17時
◆休館日:  月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
◆お問合せ: おぶせ藤岡牧夫美術館
       TEL 026-247-5461
2019.02.02 ~3月12日(火)日本のあかり博物館 企画展「江戸・明治のあかり 只今あかり商い中」開催
日本のあかり博物館では企画展「江戸・明治のあかり 只今あかり商い中」を3月12日(火)まで開催しています。

江戸時代も文化文政(1804年-1830年)ごろになり、民政が安定してくると、江戸や京、大坂などでは商人を中心とした華やかな町人文化が生まれました。
人々の夜の活動も容易になり、あかりの需要が高まるにつれて、さまざまな道具が生み出され、一般庶民でもそれらのあかりを手にすることが可能になりました。
あかりは日常生活の中だけでなく、夜間も営業する店の看板として用いられるなど、人々の生活に深く根付いてゆきます。そのため、あかり関連商品の販売を宣伝する広告も見られるようになりました。
今回の企画展では「あかり」の灯火具としての機能や意匠とともに、広く経済の面からも見ていただける展示となっています。
ぜひ足をお運びください。


企画展「江戸・明治のあかり 只今あかり商い中」
◆会期:2018年9月21日(金)~2019年3月12日(火)
◆開館時間:午前9時30分~午後4時30分(ご入館は午後4時まで)
◆休館日:水曜日
◆入館料:一般500円、高校生400円、中学生以下無料
◆お問合せ先:日本のあかり博物館 TEL 026-247-5669

りんご屋.jp 柳沢農園