桜井甘精堂・泉石亭(せんせきてい)・栗の木テラス・茶蔵(さくら)・北斎亭 10月のおすすめ

秋本番。涼しく(寒く?)なってきますと温かいメニューに人気が集まり、「鴨汁そば」もご注文が多くなります。 MORE

食べる 買う  

小布施堂・傘風楼・蔵部 10月のおすすめ

素面に見えるのは、穫れたての新栗。蒸した栗の皮を除き、素面状に裏漉ししたものを、「栗餡」の上にふわりと盛りました。 MORE

食べる 買う  

栗庵風味堂・CAFE SAKU G 10月のおすすめ

秋の夜長、虫の音が心地よい季節となりました。栗菓子屋として最も忙しいこの時季に本年も【秋季限定・栗まん】販売開始でございます。 MORE

楽しいだけで世界一!

2017.09.13 10月28日・29日恋活イベント「ボクとワタシのしあわせ探し at obuse」を開催します
2017.10.14 10月28日(土)おぶせ栗祭り 開催のお知らせ
毎年ご好評いただいている「おぶせ 栗祭り」。本年も10月28日(土)に開催いたします!

去年同様、メイン会場を小布施駅近くの皇大神社境内に設け、各種アトラクションをおこないます。
また100円チケットが12枚つづりになった「飲み歩き・食べ歩きチケット」を販売!
メイン会場の他、参加店でも利用でき、お得に小布施の味覚の秋を満喫できますよ。
こちらのチケットには長野電鉄の「お帰り電車券」がついていて、小布施からの全区間170円で乗車いただけます。特急電車もOKですので、電車をご利用の方はさらにお得!
夜は、栗ガ丘小学校のグラウンドで手筒花火が披露されるほか、どなたでもキャンプファイヤーでのフォークダンスに参加いただけます。
朝から夜まで小布施の秋を満喫できる1日です。是非お越しください。


「おぶせ栗祭り」10月28日(土)

「飲み歩き・食べ歩きチケット」
100円チケット12枚つづり:1,000円
(長野電鉄お帰り電車券付:小布施発全区間170円。特急電車利用可)


【メイン会場:皇大神社境内(10:00~16:00)】
<利き栗>
数種類の栗を、ホクホクの焼き栗で食べ比べできます。
<栗のつかみ取り>
甘味たっぷりの小布施栗をつかみ取り!
<栗の里特別ショップ>
恵那、中津川、笠間など全国各地の栗処の名店が大集合!
<栗の教室>
栗ガ丘小学校の児童による、栗の研究を発表。


他にも、おしゃれインテリアのハーバリウムのワークショップや、ふうせんパフォーマンス、綿あめ、おいしいパン屋さん等々、楽しい催しもたくさん!! 


【花火・キャンプファイヤー会場:栗ガ丘小学校(18:00~)】
豊橋市の花火師による手筒花火パフォーマンス!そのあとは誰でも参加可能なキャンプファイヤー&フォークダンスで盛り上がりましょう!


【チケットが利用できる参加店】
一覧はこちら→<参加店一覧>。
営業時間は店舗によって異なりますのでご注意ください。



お問い合わせ先:小布施文化観光協会 ℡ 026-214-6300



※写真は去年の様子です。
2017.10.08 11月26日(日) 第4回「おぶせ能」開演
 今年も「おぶせ能」が開催されます。小布施宝生会による謡をはじめ、子供たちによるお肴謡、本公演では、プロと町民がいいっしょになって行う参加型能や、仕舞、狂言などが繰り広げられます。
 小布施町は江戸時代から昭和前期にかけて謡(うたい)が盛んでした。北信一体に残るお肴謡は、通称「北信流」と呼ばれ、宴席の中締めに盃とともに小謡を申し上げます。
 この機会に、小布施文化の一端を、一緒に楽しみませんか。

おぶせ能

開催日: 11月26日(日)
場 所: 北斎ホール
時 間: 12:30開場、13:00開演、17:00終演(予定)

演 目
<第1部>町民による謡と舞
仕舞 岩船
   胡蝶
   羽衣
   絃上
   高砂
素謡 放下僧
素謡 三山
袴能 鶴亀

<本公演>おぶせ能
町民参加型能 西王母
仕舞 敦盛
   葛城
   天鼓
狂言 鬼瓦
能  土蜘蛛

お問い合わせ先:おぶせ能実行委員会事務局(小布施町教育委員会)
       電話026-214-9111
2017.09.26 9月22日(金)~2018年3月27日(火)日本あかり博物館「西鶴 浮世絵草子にみる 江戸期のあかり」企画展のお知らせ
日本のあかり博物館では、下記の日程で「西鶴 浮世草子 江戸期のあかり」と題して、特別展を開催しております。


井原西鶴は、江戸前期の俳人であり浮世草子作者でもありました。彼がそのスタイルを作り出したともいわれてれる浮世絵草子は、庶民生活の幅広い主題を扱った小説で、元禄期の大阪を中心に流行しました。この浮世草子のいくつかには、灯火具が登場するものがあります。
今回の展示では、あかりの絵が描かれた西鶴 浮世草子とともに、そこに描かれている灯火具をあわせてご覧いただく事ができます。
この機会に、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。



●「西鶴 浮世草子にみる 江戸期のあかり」
会  期:9月22日(金)~3月27日(火)
開館時間:9時~17時
     9時30分~16時30分(11月21日~3月20日)

入館料 :大人500円 高・大学生400円 小・中学生無料
     団体割引1割(20名様以上)
休館日:水曜日(ただし10月、11月は無休)
お問合せ先:日本のあかり博物館 
      TEL 026-247-5669



●イベントのご案内
「あかりの日記念ウォーク」 10月16日(月)~10月22日(日)
「タワーキャンドルづくり」 1月6日(土)
「キャンドルづくり講座」  3月24日(土)
※時間、料金などの詳細は日本のあかり博物館までお問い合わせください。



 
2017.09.25 10月6日(金)~12月5日(火) おぶせミュージアム・中島千波館 開館二十五周年記念「中島千波展"美術館がやってきた"」開催
花鳥画、人物画、挿絵などさまざまなジャンルの作品制作を行う、小布施出身の日本画家、中島千波(1945~)。
中島千波が47歳の時に開館した町立美術館である「おぶせミュージアム・中島千波館」は今年で開館して25年を迎えました。
記念展ではサブタイトルを「美術館がやってきた」とし、中島千波作品を所蔵している全国各地の美術館のご協力のもと、テーマごとに展開します。
おなじみの桜の屏風作品から、ライフワークとしている人物画のシリーズ、そのほか今回は肖像画や神仏画など、あまり知られていない珍しい作品も展示します。
また近年取り組んでいる独立峰シリーズも圧巻です。
盛りだくさんの展示をぜひじっくりとご覧ください。





*Jazzコンサート「第9回 Hot Jazz Night in中島千波館」
日時:10月3日(土) 18時30分開演
参加費:3,500円(入館料込み)
出演:市川秀男(P)、吉野弘志(b)、二本柳守(ds)、竹内直(sax)
共催:宅配処マム・シモムラ


*作家によるギャラリートーク
日時:11月19日(日曜日) 午後2時~
講師:中島千波氏 


2017年10月6日(金)~12月5日(火)
9:00~17:00(最終入館16:30) 会期中無休
入館料:一般500円・高校生250円・中学生以下 無料
おぶせミュージアム・中島千波館
長野県上高井郡小布施町小布施595
Tel 026-246-6111
2017.09.24 9月27日(水)~12月6日(水) 髙井鴻山記念館 「鴻山の愛でた江戸期の名品」開催
病気あがりの鴻山の漢詩に「画軸をひもといて一日中みていたら、家蔵の絵をみつくしてしまった」というものがあります。
美しきものを愛した鴻山は多くの絵を購入したと言われています。また、友人からの依頼に応じて江戸、京都から絵画を入手しました。
当時のメモ帳には岸駒、星巌らの他、若冲や文晁らの名もみられます。
明治末頃に髙井家から他へ出た見事な屏風絵なども展示されます。
この機会にぜひご覧ください。


「鴻山の愛でた江戸期の名品」
会期:9月27日(水)~12月6日(水)
時間:午前9時~午後5時
料金:一般300円、高校生150円、中学生以下無料
お問い合わせ先:髙井鴻山記念館 ℡026-247-4049
2017.09.08 11月12日(日)藤岡牧夫美術館「きもの de ピアノ~秋の会~」開催のお知らせ
藤岡牧夫美術館では、下記の日程で「きのも de ピアノ~秋の会~」を開催します。
晩秋の小布施で、ゆったりと、音楽をお楽しみください。
 
日  時:11月12日(日)14時開演(藤岡牧夫美術館は10時開館となります。)
開  場:藤岡牧夫美術館
料  金:2,000円(美術館入館料含む)
※休憩30分の間、併設のフレンチレストラン「メゾン・ド・ナチュール亀田」にて、ティータイムセットをお楽しみいただけます。 ケーキとお茶1,000円(別料金・予約優先)、チケット購入の際にご予約下さい。
お問合せ:TEL 090-8723-9548(手塚)/ 026-247-5461(藤岡牧夫美術館)

演奏曲目
・主よ人の望みの喜びよ
・飛翔
・ソナタ「悲愴」より
・トルコ行進曲
         など
  
ピアノ演者 手塚雪江
ソプラノ  平林一恵